レシピ

  1. 縄文干しの美味しい食べ方3

    柳鰈・肉持ち鰈・真鰈などの鰈類は焼く前にひと手間加えると食べやすくなります。鰈の背骨に沿って、包丁(カッターなど)で身に切れ目を入れます。裏表の両方に切れ目を入れてください。焼きあがったら、両側のヒレを開くように引っ張るときれいに背骨から身がはがれます。…

  2. 縄文干しの美味しい食べ方2

    縄文干しの焼き方のコツは“弱火でゆっくり”です。開きの魚(あこうだい、とろさば、あじなど)は、開いてある身のほうから火に当てます。焼き上がりが10割としたら7~8割の時間をかけて焼いてください。焼き色がついたら、ひっくり返して皮の部分を3~2割焼くと良いです。近年は両面焼きの…

  3. 縄文干しの美味しい食べ方1

    縄文干しは良く干してある干物ですので、解凍してから弱火でじっくりと焼いてお召し上がりください。自然解凍がおすすめです。朝食べたいときはおやすみの前に、夜食べたいときはお出かけ前に袋のまま冷蔵庫へ入れておけば解凍されます。解凍したあとは3日を目安にお召し上がりください。…

縄文干し丸源水産食品オンラインショップ楽天市場
縄文干しとは
徐門干しの美味しい食べ方
バイヤー様へ
お知らせ
大切な方へのギフトに
PAGE TOP